レジのスピードについて

今では、だいたいどこの店でもPOSレジを使っている。
コンビニでもスーパーでもほとんどが、バーコードをピッと読み取っていくタイプのレジだ。あのPOSレジというのは、単にバーコードを使って値段を出しているだけでなく、商品管理にも役立っているそうだ。
一つ一つの商品がいつ、何個売れたかを記録し、在庫の調整や発注にも関係しているという。今ではありふれたように見えるが、実はITを駆使したシステムだったというわけだ。

確かに、バーコードを読み取るだけなので、レジ係の人にとってもあの方式は簡単だと思う。
基本的に読取機をかざすだけなので、初心者にも分かりやすい。
しかも、今は預かったお金を入れるだけで、自動的に計算してお釣りを出してくれるレジまであるので、なおさら楽になったように見える。
だが、レジが便利になった割には、商品の精算にかかる時間というのはあまり短縮されていないような気がする。

あくまで個人的な感覚なのだが、昔のレジは金額を手で打っていたが、精算がずいぶん早かったように思う。
商品につけられた値段を見てそれを打ち込む、という手順はかかっても、慣れた人であれば商品を見た瞬間に手が動いていた。
よく売れるような商品の値段も頭に入っていたようで、品物を見ただけで値段が分かるという人も多いようだった。

ただのレジ打ちと言っても、それが職人技の領域だった感があるが、今は品物を見たら値段の分かるベテランでも、バーコードを読み取る作業は飛ばせない。
どうしても「品物を手にとって読取機でピッ」という時間がかかるので、昔の方が精算の時間は早かったのではないだろうか。
最先端のITを駆使したレジだとしても、逆に古いレジの方が効率がよかったという事もあるように思うのだが。どうだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です